結婚式についての情報がいっぱい!

このサイトでは、今どきのウェディングの現状を詳しく紹介していきます。
結婚式を挙げない理由や、多くの新郎新婦に選ばれているBGM、遠方の知人にも祝ってもらえるライブ配信の仕方、気になる両親への贈呈品や必要になる費用相場まで、気になる部分をピックアップしていきます。
これから式を控えている夫婦、結婚を前提に親しく付き合っているカップルなど、今どきの事情を詳しく解説していくので、ぜひ参考にして幸せな門出を迎えてほしいです。

結婚式を挙げない理由とは?いまどきのウェディング事情

結婚式を挙げない理由とは?いまどきのウェディング事情 結婚式を挙げないという選択をするカップルもいるのが現状ですが、その理由は大きく2つ。
まずは式に必要になる費用面です。
式や披露宴にはかなりの費用が必要になり、かかる費用相場は350万円とも言われているので、若いカップルや貯金をしてきていないカップルなどにとっては経済的に式を挙げられない場合もあるようです。
ご祝儀をいただいても自己負担が大きいので、その分他の費用に充てる選択をしています。
次に準備に必要な時間がないカップルも多いです。
入籍だけならすぐに手続きができますが、結婚式を挙げるとなるとその日までに何かと準備が必要。
忙しいカップルにとっては時間が割けなかったり面倒に感じてしまったりと、式を断念してしまう人も多いようです。

きっと挙げてよかったと思える結婚式のすすめ

きっと挙げてよかったと思える結婚式のすすめ 結婚式は準備するのにとてもパワーがいるし、大きなお金も必要になってくるので、やらなくて済むならそれでいいのではという考えがよぎることもあるかもしれません。
しかし挙式した人の多くは、確かに大変だったけれど結婚式を挙げてよかったと語っているものではないでしょうか。
結婚式は、確かに新郎新婦がとても頑張って準備することで実現します。
そのため、夫婦のきずなが結婚当初からとても強くなることは間違いなしです。
しかも、大きな労力をかけ、時には喧嘩の可能性を様々乗り越えた上でのことなので、単に恋人だった時代よりもよりしっかりしたきずなとなるはずです。
そしてそのことは、挙式当日にもきっと互いの中に映し出されることでしょう。
式を挙げるということはれっきとした区切りの行事になりますから、それをきっかけに真剣な気持ちが沸き起こりやすいものです。
その際に、そこまで一緒に成長してきた相手の様子が分かる瞬間があったとき、お互いをただ好きでいるだけでなく、尊重し合いながら歩んでいこうというステップへ関係性を進めていくことが出来るでしょう。
相手をそのように考えられるということはもちろん、夫婦の間にとって非常にプラスなことです。
挙式は、そのような関係性作りを後押ししてくれるはずです。

結婚式に招待する人を考える時の基準について

できれば多くの方に祝ってもらいたいとの気持ちはあると思いますが、式場の収容や相手側とのバランスを考慮しながらある程度の基準を設けて招待する人を決める必要があります。
また、結婚式といっても、もちろん披露宴をも含めて招待者を考えておくことが大切です。
まず結婚式については、式場の広さにもよるものの、親族と特に親しい友人のみを招待するというのが基本的なスタイルになります。
披露宴のみに招待する方に対しては、式場の関係上ということであらかじめお断りをいれておくことがスマートです。
そして、披露宴には、結婚式に出席して頂いた方は当然のこと、それに加えて職場の人や学生時代の同じクラブ仲間、あるいは現在活動しているサークルの仲間などを招待するのが一般的です。
この際注意したほうがよいのは、引き続き接点をもつ関係者については、招待者の基準を明確にしておくことが必要です。
例えば職場などでは招待する人、しない人の基準が第3者的にみてもわかりやすい基準があればのちのち気まずい思いをしなくてすむと思います。

結婚式に身に着けるドレスにはどんな種類がある?

結婚式を控えている女性にとって、当日どのようなウェディングドレスを着用するか悩まされているという方は非常に多いです。
ドレスには色々な種類があり、自分の体型に向いているものを選ぶことがポイントになります。
「Aライン」は、アルファベットのAのように上部が小さく、裾が広がってるシルエットが特徴であり、どんな体型でも似合いやすい特徴を持っており、脚が長く見えて小柄な人におすすめのデザインです。
「プリンセスライン」は、上半身が身体にぴったりとフィットして腰から裾にかけてフレアーが広がり、パニエのボリューム次第でどんな会場にも似合うシルエットに仕上げることができます。
「マーメイドライン」は、上半身から膝まで細身で膝下から人魚の尾ひれのように広がっているシルエットが特徴で、大人っぽい印象にしたい方におすすめです。
「スレンダーライン」は、身体に沿った細身のシルエットが特徴で、長身で細身の人が着用すると美しさを演出することができます。
主にレストランやガーデン結婚式会場で映えるデザインです。

結婚式で余興をお願いされたら何をするべき?

友人の結婚式に参列する場合、式を盛り上げる余興をお願いされた経験のある方は多いです。
しかしいざ余興をお願いされても、どんな内容にすべきかどんな準備が必要かで迷ってしまう人が大半です。
そこで最初に行うべきなのがまずは新郎新婦2人から何をして欲しいのかリクエストを聞きましょう。
一般的に得意ジャンルを依頼されることが多いので、自分の特技を披露する感覚で引き受けることがポイントです。
さらに会場の機材は使用できるのか、必要なものや使用してはいけないものなどを同時に確認しておくと結婚式当日のトラブルも避けることができます。
次にゲストはどのような人が来るのかも確認し、親族だけなのか会社の上司や恩師など目上のゲストも沢山いるのか、気心の知れた友人のみなのかでどの演目にすべきか決める必要があります。
そして持ち時間はどれくらいなのか確認した上で、内容を選ぶようにしましょう。
同時にマイクを使用して軽くスピーチをする必要が出てくるので、事前にスピーチ内容もしっかり考えてスムーズに話せるように練習をしておくことをおすすめします。

結婚式用のビデオメッセージを作成する上でのポイント

結婚式は夫婦となる新郎新婦をお披露目する場でもありますが、多くの招待客が夫婦となる2人の新たな門出をお祝いする場でもあります。
様々な演出によって式を盛り上げる事が出来ますが、サプライズとしてビデオを利用したメッセージなども人気の演出の1つです。
実際に結婚式で利用するためにビデオメッセージを作る事も多くありますが、実際に作る際にはポイントを抑えておく事が重要となります。
メッセージを送る人の人数などもポイントですが、メッセージ自体は1人あたり10秒程度にするようにします。
長いメッセージよりもすっきりまとめることで、よりまとまり安く見る側も負担が少ないのが特徴です。
メッセージ自体は最初と最後の少し間をおくようにし、メリハリをつける事もポイントになります。
お祝いの言葉を単純に伝えるという方法も良いですが、小物を使用したり動きを加える方法も有効的です。
見る側の配慮として撮影は明るい場所で行い、綺麗に撮影できるよう心がけるのもポイントとなります。

結婚式の一般的なご祝儀の相場はどのくらいなのか

結婚式に招待された場合、どのくらいのご祝儀を用意したらよいのか悩みます。
一般的に内訳はお祝い金とお食事代として考えるのが良く、お祝い金で1万円、引き出物を含めた飲食代で2万円の合計3万円が基本となります。
平成29年の冠婚葬祭互助協会が実施した調査によると、兄弟姉妹は5.5万円、叔父叔母は7万円でした。
勤務先の同僚や部下、友人は3万円となっています。
ですが結婚式を行う人が目上の立場である場合や部下の場合は3万円以上包むことも多いため、仲間内で事前に相談しておくと一人だけ気まずい思いをする必要はなくなります。
会員制の場合は一律の会費を支払うスタイルであるため、提示された金額のご祝儀を持参します。
多くの場合は1.5万円未満であり、高くても2万円前後です。
身内の結婚式であれば会費とは別にお祝いの品を用意しておくと良いでしょう。
いずれにしても新郎新婦との関係性によって金額が異なってくるので、関係性を考慮した額を持参するようにします。

結婚式についてもっと調べる

神戸 結婚式